コミュニケーションのほうほう

僕は盲聾者なので、コミュニケーションは、

触手話といって、手話を触って、意味をよみとる方法で行います。

僕から何かを話す場合は、僕は声をだすこともできます(6歳まで聞こえていたからです)、また、相手が聴覚障害者の場合は、手話で話をします。