日常生活で困っていること

毎日の生活でこまっていること

僕にとって

ひげをそることは、一苦労です。

みだしなみをととのえるために必要ですが

ひげをそるとき、

肌を傷つけてしまいます。


また、今の悩みは

恋愛のあいてがいないことと

盲聾者のための

通訳介助者、とくに、若い通訳介助者が少ないことです

通訳介助者とは、

見たこと、聞いたことを

盲聾者である僕に伝えながら

手引きする介助者のことです。

盲聾者が

病院に行く時や、

買い物、

その他ライフワークのいろいろな場面で手引きをする人を通訳介助者と言います。

盲聾者が日常生活をおくるためには、通訳介助者が必要不可欠なので、

より深く意思疎通がはかれる通訳介助者が増えること、そして、

通訳介助利用時間の制度改善を願っています。



I would like to introduce the daily life of visual-hearing disabled people. Probably you can not imagine and it seems not serious but a shaving beard is difficult for us.  I know it is important but shaving causes small scars on the skin.

Other difficult things are to find a life partner, interpreters, and helpers; especially the population of young interpreters and helpers are getting few; helpers are not only interpreting but also support to go out for a hospital, shops and so on; for visually and auditory impaired people, helpers are necessary and indispensable to live daily life.

We wish to increase the number of helpers who can deeply communicate with us, thus improve the social system of interpreter assistance is very important. 


​「人間とは何か」を研究する

"Rsearching for humans?"

スクリーンショット 2019-12-30 23.46.10.png

お問い合わせ

p.haptica@gmail.com

​ハプティカプロジェクトは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています

Haptica Project supports Sustainable Development Goals (SDGs)