東京大学福島研究室へ訪問

最終更新: 2019年12月31日



先日、東京大学福島研究室に訪問しました。

福島先生は、世界で初めて、盲ろう者で大学の教授になった方です。

触譜や振動の紹介をさせていただきました。 より多くの盲ろう者に 触譜を知ってもらいたい、そして、ぜひ、

福島先生の研究室のみなさまに応援してもらい、可能性をひろげたいという思いがありました。 ハプティカプロジェクトとの キャラクター”あちゃん”の 動作や、動きをあらわす振動を、振動デバイスの顔マスクで試してもらいました。これからみなさまにも、”あちゃん”のかわいさを、振動で感じてもらえたらと思っています。

The other day, I visited the Fukushima laboratory of the University of Tokyo. Professor Fukushima is the first person in the world to become a Deafblind person and become a university professor. I introduced the score and vibration. For more deafblind people I want you to know the score, and by all means, I wanted to encourage Dr. Fukushima's lab to support her and expand my possibilities. With Haptica Project Character "Achan" We asked them to try out the movement and the vibration that represents the movement with the face mask of the vibration device. I hope that everyone will feel the cuteness of "Achan" through vibration.

​「人間とは何か」を研究する

"Rsearching for humans?"

スクリーンショット 2019-12-30 23.46.10.png

お問い合わせ

p.haptica@gmail.com

​ハプティカプロジェクトは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています

Haptica Project supports Sustainable Development Goals (SDGs)