柔道をきっかけに、いろいろな出会いがあった。

広島盲学校では、僕だけが、盲ろうの生徒だった。

先生たちは、盲ろうの僕とコミュニケーションをとるために、いろいろ工夫してくれた。

僕は小学5年生のときから柔道をはじめたのですが、盲ろう者として柔道をするのは、

僕が日本ではじめてだった。中学のとき、視覚障害者学生大会で優勝し、さまざまなメディア、マスコミの方からの取材をとおして、いろいろな経験と出会いがあった。


​「人間とは何か」を研究する

"Rsearching for humans?"

スクリーンショット 2019-12-30 23.46.10.png

​ハプティカプロジェクトは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています

Haptica Project supports Sustainable Development Goals (SDGs)