盲ろうと言う障害をうけとめたとき

僕がようちぶのときは

だんだん視力がおちて文字がみえなくなった。

母や、姉とコミュニケーションできなくなり、不安になりました。

姉と兄とはコミュニケーションがとれなくて、時々けんかになりました。

広島盲学校の幼稚部にはいり、その頃はまだ耳は聞こえたが、

小学校に入学するころから聴力もおちてしまった。

小学5年生のときに盲ろうの子供の集いに参加して、はじめて自分だけが盲ろうではないんだ、自分以外の盲ろう者もいる、、と、そのとき

自分の盲ろうという障がいうけとめた。

When i am

Gradually my eyes fell and the letters disappeared.

I couldn't communicate with my mother and my sister, which made me anxious.

I couldn't communicate with my older sister and older brother, and sometimes I had a fight.

I entered the kindergarten of the Hiroshima School for the Blind, and at that time I still heard my ears,

My hearing has fallen since I entered elementary school.

When I joined a group of deafblind children in the fifth grade of elementary school, I was not the only one who was blind, and there were other deafblind people.

I told myself that I was blind.


​「人間とは何か」を研究する

"Rsearching for humans?"

スクリーンショット 2019-12-30 23.46.10.png

お問い合わせ

p.haptica@gmail.com

​ハプティカプロジェクトは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています

Haptica Project supports Sustainable Development Goals (SDGs)