鈴木先生のレッスンをうけて

最終更新: 1月15日


普段、ぼくのマッサージの練習は、

人形をつかったり、母や姉の顔で練習をしています。

先日、鈴木先生に第3回目のマッサージのレッスンをうけました。

その時に鈴木先生が僕にマッサージをしてくれました。

マッサージをうけて感じたことは、

僕より、手の力の強弱が細かく変化しているなぁということです。

例えば触譜で言い表すと、手の力を5段回とすると、

5の場合強い、3の場合弱いという意味なのですが、鈴木先生はその変化の差が、細かいのです。

例えば、

ループというファセテラピーオリジナルの手技では、5の強さと、3の強さが交互にあらわされています。

鈴木先生の

力の入れ方がよくわかってきました。

I usually practice my massage

I use dolls and practice with my mother and sister.

The other day, Mr. Suzuki had a third massage lesson.

At that time, Mr. Suzuki gave me a massage.

What I felt after the massage was

It means that the strength of the hand is changing more finely than me.

For example, if it is expressed in a tactile score, if the power of the hand is five steps,

5 means strong, 3 means weak, but Mr. Suzuki has a small difference in the change.

For example,

The strength of 5 and the strength of 3 are shown alternately in the original technique of loop therapy.

Suzuki's

I understand how to put in my power.


​「人間とは何か」を研究する

"Rsearching for humans?"

スクリーンショット 2019-12-30 23.46.10.png

お問い合わせ

p.haptica@gmail.com

​ハプティカプロジェクトは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています

Haptica Project supports Sustainable Development Goals (SDGs)