顔のマッサージは大切です

『顔の表情はこころのかたち』ととらえています。

顔の神経に心地よいリズムを与えることで、心身の凝り固まりを解きほぐすことができると考えています。

喜怒哀楽は、全身のどこよりも顔の表情に出やすいものです。

ある感情が長期化すると、その感情によってもたらされる表情が癖づいてきます。

幸せそうな人はいつ見ても幸せそうな表情をしているし、怒りっぽい人はいつも気難しい顔をしているのはそのためです。より習慣的になっている感情に見合った表情が、私たちの日常的な顔として定着していると言えます。