自己紹介

はじめまして。 川空礼将かわそらのりまさです。 6月の京都大学のイベントSHOKKAKU2019でぼくがデザインした振動を発表させていただきました。

僕は都合で行くことができませんでしたが、みなさんが、感動されたことを聞きとてもうれしく思います。 僕は、目の障害があり、明るいところでは ぼんやり、誰かが、いるか、いないか、程度しかわかりません。 耳にも障害があり 全くきこえません。 目は1歳の時に病気で、ものが微かにしか見えなくなりました。

耳は6歳の時にまったくきこえなくなりました。

このプロジェクトのきっかけは、 大阪NHKのディレクターさんから鈴木理絵子さんをご紹介いただき、 振動の音楽に 興味を持ったことです。 これから、 鈴木理絵子さんと一緒に頑張っていこうと おもいます。 みなさま、どうぞよろしく お願いします。



プロフィール 1991年平成3年5月2日生まれ。 現在28歳です。 特技は、柔道

体重73キロ。 身長163cm。 趣味は、子供とあそぶこと、外出すること、 さかな釣りに行くこと。

夢は、結婚して幸せな家庭をもつこと。 広島県立広島中央特別支援学校ーもと盲学校ですが名前が変わったのでながくなりましたーを卒業後、 埼玉県にある 国立障害者リハビリテーションセンターで自立訓練をうける。

訓練は、おもに調理訓練、そうじ、 白杖をつかっての 歩行訓練など。 センター卒業後、 広島にある就労継続支援B型事業所に5年間通う。 その後、

大阪にある盲聾者のグループホームに入居。 しかし、 柔道が続けられないことなどの理由で、1年で退去。 現在、広島で母と暮らしながら、就労移行事業所 リタリコワークス広島に通い、就労の訓練に取り組んでいる。

​「人間とは何か」を研究する

"Rsearching for humans?"

スクリーンショット 2019-12-30 23.46.10.png

​ハプティカプロジェクトは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています

Haptica Project supports Sustainable Development Goals (SDGs)